店主より


 成相山から吹き下ろす冷たい風「成相おろし」が日に日に強くなり、丹後の地に冬がやって来ました。

 今年も柿が成り年だったそうで、大雪にならないか心配しております。ただ、寒くなると海水温もぐっと下がりますので、うまい脂ののった丹後の海の幸がたくさん水あげされることが期待できます。

 11月からカニの入った会席料理「冬の特別会席」を始めました。カニも順調に入ってきており、多くのお客さまからご好評をいただいております。

 そしてカニの他に外せない丹後の冬の食材と言えば、やはりブリです。お昼限定になりますが、寿司定食にブリシャブの小鍋の付いた「ブリしゃぶ定食」が毎年人気です。もちろん大鍋を囲んで皆さんで楽しんでいただくブリしゃぶ鍋、ブリしゃぶコースも例年通りご用意できます(このご時世ですので、ブリしゃぶの大鍋を、お1人様ずつの小鍋に変更することも可能です)。詳しくはお電話にてお問い合わせいただき、ご予約をいただけますよう、お願いいたします。

 最近、カニやブリなどの食材だけでなく、色々な物のお値段が上がってきていて、どうしても影響を出てしまっておりますが、私どもは、当店に足をはこんでいただいているお客様には、いつもご満足いただけるよう努めてきております。京都市内の市場へも足を運び、何かお勧めはないか、どのような物がよく動いているかを聞いて、アドバイスをいただいたりしています。同じように料理人をしている友人からも、目新しい食材や調理法、アレンジの仕方を教えてもらうこともあります。

 色々なアレンジを試しているうちに新しい一品が生まれることもあり、「こんな味になるんだ」「これはお客様にも喜んでもらえそう」「あの人、この味好きやろうな!」と楽しくなり、ワクワクした気持ちで料理が進んでいきます。やはり基本、楽しくないと仕事は続けられないし、常に目新しいものを探してチャレンジすることは大事なんだな、と実感します。時には失敗することもありますが……それもまた勉強です。

 今年も雪の心配はありますが、天橋立の雪景色は本当にきれいで、雪舟庵の名前の由来となった雪舟の水墨画「天橋立図」を見ているような感覚になります。この景色はぜひカウンターから皆様に見ていただきたいと思います。

 冷たく寒い丹後の冬に、当店へお越しいただき、「おいしかった」「来てよかった」と1人でも多くのお客様に思っていただけるよう、スタッフ共々気持ちを1つにして頑張ってまいります。

 ぜひ丹後の冬を満喫しにいらして下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。

――2022年、初冬





Copyright (C) 2005-2023 Sessyu-ann. All rights reserved.