店主より


 去る10月28日に、丹後の初冬の風物詩となりました第14回「日本三景天橋立ふゆ花火」が盛大に開催されました。昨年は13回目にしてはじめて台風の影響で「ふゆ花火」が中止になるというアクシデントがありましたが、今年は天候にも恵まれ、冷たい澄んだ空気の中、阿蘇海に色とりどりの大輪の花が打ち上がりました。
 思えば、天橋立を背にするこの地に店を構えさせていただいたのは、「ふゆ花火」が始まったのと同じ年のことでした。はじめての冬を迎える時期に、はじめての「ふゆ花火」が開催されたのです。ですからスタッフ一同「ふゆ花火」への思いいれも強く、去年の分もという気持ちをこめて無事の開催を願っていました。それだけに、いつも以上に素晴らしい花火だったように感じました。

 11月に入り、成相山から吹き下ろす冷たい風「成相おこし」が日に日に強さを増してきたように感じます。
 11月6日にはついに、皆様お待ちかねの冬の味覚の王様、松葉ガニ漁も解禁されました。おかげさまで毎年、当店でも多くのお客様に丹後の松葉ガニをご賞味いただいております。
 また、今年も成相寺で執り行われる「蟹供養」に参加させていただきます。カニをはじめとする海の幸に感謝するとともに、カニがたくさん水揚げされ、たくさんのお客様で冬の丹後が賑わうようにと祈願して参ります。

 当店では活ガニ(生きているカニ)をご予約に応じて1杯単位で仕入れ、調理させていただいております。そのため「身だけの焼きガニ」「足の部分だけのお造り」「甲羅だけの味噌焼き」といった単品でのご提供はさせていただいておりませんのでご了承ください。
 単品ではありませんが、カニの入ったコースでしたら、「冬の特別会席」がおすすめです(メニューについてはおしながきをご覧下さい)。こちらのコースでは、小ぶりのカニですがお1人様1杯使わせていただき、足の部分はお造りとしゃぶしゃぶ小鍋、腹、甲羅の部分は焼きガニや味噌焼きでカニをご堪能いただけます。その他にも魚料理、お肉料理、お寿司、茶碗蒸しなどのお料理がつく、大変お得なコースとなっております。
 「カニは大鍋で食べたい!」「雑炊までカニ鍋を楽しみたい!」とおっしゃるお客様には、時価になりますがカニを1杯から買っていただきまして鍋用に調理させていただきます。カニのお値段は漁の具合にもよりますので(海が時化ていて水揚げ量が少ないと当然値段が上がります)どうしても時価としか申し上げられません。なお、時価のカニは前もってご予約いただきますと、値段の落ちついている頃に買わせていただき、こちらでキープするといった方法も可能です。ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 カニは冬の外せない食材として大人気ですが、毎年のことながらブリもおすすめです。  脂ののったブリの切り身をさっと鍋でしゃぶしゃぶにしてポン酢でさっぱりと召し上がっていただくブリしゃぶ鍋。冬の味覚として、ぜひ味わっていただきたいお料理の1つです。ブリしゃぶはお鍋の単品だけでなく、コースもございます。  お昼ですと定番の寿司定食にブリしゃぶの1人用小鍋を組み合わせてのご提供もできます。お寿司の他にブリも少し食べたい!という方にぴったりのメニューです。(お昼限定のブリしゃぶ定食でご案内していますので、おしながきをご覧下さい)

 この冬も、天橋立に雪が積もる冬景色をカウンターから眺めるのを楽しみにしております。まさに、雪舟の描いた水墨画そのもので、何度も冬を迎えても見飽きることはありません。
 雪景色をぜひお客様にご覧いただきたいのですが……実は今年はあまり降ってくれるなと祈る気持ちも大変強くあります。と言いますのも、大雪だった去年に引き続き、今年の秋も当地ではカメムシが大量発生しているのです。地元で「大雪になる」条件とされる言い伝えにあてはまっております。
 大雪になると、早朝よりスタッフ総出で雪かきをしなくては営業できません。魚の仕入れに行きたいのに道が通行止めになります。雪が降るならほどほどが一番ですね……

 これからどんどん外は寒くなりお出かけになる機会も減るかもしれませんが、「大切な方と、美味しいものを食べながらほっこり」しに、ぜひ当店へいらして下さい。
 スタッフ一同、心よりお待ちしております。

――2018年、冬の訪れに寄せて





Copyright (C) 2005-2018 Sessyu-ann. All rights reserved.