店主より


 11月に入り、成相山から吹き下ろす冷たい風「成相おこし」が日に日に強さを増してきました。カウンター前の阿蘇海には、今年もたくさんの渡り鳥がやってきて丹後の冬の訪れを感じます。
 11月6日には冬の味覚の王さま「松葉ガニ漁」が解禁されました。おかげさまで、毎年多くのお客様に丹後の松葉ガニをご賞味いただいております。
 これから日毎に成相風もきつく冷たくなるにつれ、海の水温もぐっと下がり、うまい脂ののった魚、身のつまったカニがたくさん水揚げされることと思います。

 当店のカニ料理といたしましては2通りのコースがございます。
 1つは、カニをメインにした「カニコース」です。こちらは生のカニを何バイかお客様にご指定いただき仕入れます。そのカニを、ゆで、鍋、焼、刺と調理させていただくコースです。たとえばお2人様でカニを2ハイの場合、1匹はゆでガニで、のこりの1匹は足の部分を刺身とカニしゃぶの鍋に、甲羅とお腹の部分を焼きガニに、といった感じの調理方法になります。お鍋をしていただけますので雑炊のご用意もさせていただきます。
 もう1つは、少し小ぶりにはなりますが生のカニを1匹と、カニ以外のお料理もつきます「冬の特別会席」コースになります。お料理の内容といたしましては、地魚メインのお造り、足の部分を使ったカニ刺としゃぶしゃぶの小鍋(1人鍋)、甲羅とお腹の部分の焼きガニ、ノドグロの焼きもの、カニ足の天ぷら、セコガニのサラダ仕立て(セコがある場合、なければ肉料理に変わります)、にぎり寿司、茶わんむしにデザートのつくコース仕立てになります。
 どちらのカニも活ガニを仕入れさせていただきますので、当日の変更・キャンセル等は代金がかかりますことご了承ください。

 カニは冬の外せない食材ですが、冬のブリも人気が高くおすすめです。脂ののったブリの切り身をさっと鍋でしゃぶしゃぶにし、ポン酢でさっぱりと召し上がっていただくブリしゃぶ鍋を見ると、毎年のことながら「冬が来た!」という感じがします。
 ブリしゃぶ鍋の単品だけでなく、ブリしゃぶ鍋に焼きもの、揚げもの、お寿司のつくコースもご用意できます。お昼ですと、寿司定食とブリしゃぶの小鍋を組み合わせました「ブリしゃぶ定食」がおすすめです。

 当店では「お客様の食べたいものをご提供する」ことを心がけております。「辛口の日本酒に合うもの」「魚を中心に」「大将に任せるから旬のものを」といったリクエストにもお応えできるように準備させていただきますので、ご予約の際にご希望等をおっしゃってください。
 ただ、旬のものを使って料理させていただいておりますので、季節柄手に入らないもの、流通のない食材もあります。その場合もできるだけ代わりとなるような食材・料理をご提案させていただきたいと思います。
 「大将、今年もカニを食べに行くよ!」「ブリのいいのがあがったら電話してきてもらえるかな? 寄せてもらうから!」といったお客様からのうれしいお声を毎年いただいており、仕事をさせていただく上でのはげみとなっております。

 カウンター越しの「うっすらとつもった雪化粧の天橋立」も冬の楽しみの1つです。まさに雪舟の描いた水墨画のような風景で、毎年のように見ても決してあきることはない美しさです。
 今年の冬も「うっすら」つもった雪の天橋立は見たいと思っておりますが、雪かき(除雪)が必要になるほどの雪になると、大変やっかいなものにもなってしまいます。魚を仕入れに行く前にまずスタッフ総出で「雪かき」から仕事スタートになるため、オープン前にくたくたに。それでもお客様の「おいしかったよ」「また来るよ」「来てよかった」のお声がけや笑顔で、疲れも吹き飛んでしまいます。
 お1人でも多くのお客様に喜んでいただけるよう、スタッフ一同「良いものを提供する」ということを心がけてまいります。
 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

――2019年、冬の訪れに寄せて





Copyright (C) 2005-2019 Sessyu-ann. All rights reserved.